ホームに戻る学会からのお知らせリンクお問い合わせ
 日本赤ちゃん学会未来を育む赤ちゃん研究
日本赤ちゃん学会とは?学術集会国際シンポジウム公開シンポジウム学会誌
国際シンポジウム

 第2回 新・赤ちゃん学国際シンポジウム
 −赤ちゃんの可能性を探る−

 2003年12月2日(火)

プログラム

 12月2日(火)9:30〜16:00

9:00 会場受付スタート
9:30 開演
小林登 日本赤ちゃん学会理事長
9:40
■セッション1 認知機能の発達:発達心理学からの提言
座長 内山 伊知郎(うちやまいちろう=同志社大学)
基調講演1 J.J. Campos (ジョセフ・J・キャンポス=カリフォルニア大学バークリー校)
基調講演2 河合 優年(かわいまさとし=武庫川女子大学)
11:20 パネルディスカッション
司会 多賀厳太郎 (たがげんたろう=東京大学)
J.J.Campos・河合 優年・内山 伊知郎
12:20 昼食 休憩
13:30
■セッション2 脳機能の発達:神経科学からの提言
座長 鍋倉 淳一(なべくらじゅんいち=九州大学)
基調講演3 Peter R Huttenlocher (ピーター・ハッテンロッカー=シカゴ大学)
基調講演4 津本 忠治(つもとただはる=大阪大学)
15:00 パネルディスカッション
司会 小泉英明 (こいずみひであき=日立製作所基礎研究所)
P. Huttenlocher・津本 忠治・鍋倉 淳一
16:00 終了


日時 2003年12月2日(火) 9:30〜16:00
場所 東京 大手町サンケイプラザ http://www.s-plaza.com/
定員 500名
参加費 \3,000(抄録代含む)



前のページに戻る このページのトップへ戻る
Copyright(c)2001-2016, Child Research Net and The Japanese Society of Baby Science, All rights reserved.このサイトに掲載する文章、イラスト、画像等の無断転載を禁じます。
チャイルド・リサーチ・ネットのホームページへ
日本赤ちゃん学会サイトは、チャイルド・リサーチ・ネットが運営を応援しています。