ホームに戻る学会からのお知らせリンクお問い合わせ
 日本赤ちゃん学会未来を育む赤ちゃん研究
日本赤ちゃん学会とは?学術集会国際シンポジウム公開シンポジウム学会誌
学会誌

 ベビーサイエンス 2004.vol.4

 2005年1月発刊

論文1

PDF  「認知発達ロボティクスによる赤ちゃん学の試み」
 浅田 稔(大阪大学大学院工学研究科)

comment・コメント
「認知発達ロボティクスに期待すること」板倉昭二(京都大学文学研究科)
「認知発達ロボティクスの可能性」下條信輔(カリフォルニア工科大学)
「赤ちゃんロボットはチンパンジーの夢を見るのか?」友永雅己(京都大学霊長類研究所)
「創発のアプローチに関して」藤田雅博(ソニー潟宴Cフダイナミクス研究所)
「認知発達ロボティクスによる赤ちゃん学への期待」渡辺富夫(岡山県立大学情報工学部情報システム工学科)
「認知発達ロボットへの小児神経科医からのメッセージ」小西行郎(東京女子医科大学乳児行動発達学講座)

answer・回答
浅田 稔

*PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Reader(無料)が必要です。

論文2

PDF  「乳児の旋律聴取研究」
 二藤宏美(ヤマハ音楽振興会 音楽研究所)

comment・コメント
「乳児と音楽環境とのかかわりを捉える視点」今川恭子(立教女学院短期大学)
「音楽研究の現在過去未来:脳科学的音楽研究を目指して」呉 東進(東京女子医科大学 乳児行動発達学講座)
「音楽認定発達の主題と変奏」橋彌和秀(九州大学人間環境学研究院)、杉本 啓(九州大学人間環境学府)
「乳児が音楽的特徴に注目することの意味とは何だろうか」林 安紀子(東京学芸大学 教育実践研究支援センター)
「赤ちゃんと音楽知覚研究 二藤論文に寄せて」南 曜子(金城学院大学)

answer・回答

*PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Reader(無料)が必要です。

論文3

PDF  「LD、AD/HD、HFPDDの今」
 小枝達也(鳥取大学地域学部地域教育学部)

comment・コメント
「軽度発達障害における遺伝子研究の意義」桃井真里子(自治医科大学医学部小児科学)
「AD/HDの理解と支援」高山恵子(NPO法人えじそんくらぶ)
「いわゆる軽度発達障害の現在と未来」中井昭夫(福井大学医学部 病態制御医学講座 小児科学領域)
「LD、AD/HD、自閉症のバリアフリー」大屋 滋(旭中央病院脳神経外科)
「軽度発達障害の概念について:小枝論文を読んで」三橋美典(福井大学教育地域科学部発達科学講座)

answer・回答
小枝 達也

*PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Reader(無料)が必要です。


学会誌購入方法はこちら


*PDFファイルが表示されない場合は、下のアイコン「Get Adobe Reader」をクリックし、ガイドにしたがってダウンロードしてください。
Get Adobe Reader



前のページに戻る このページのトップへ戻る
Copyright(c)2001-2016, Child Research Net and The Japanese Society of Baby Science, All rights reserved.このサイトに掲載する文章、イラスト、画像等の無断転載を禁じます。
チャイルド・リサーチ・ネットのホームページへ
日本赤ちゃん学会サイトは、チャイルド・リサーチ・ネットが運営を応援しています。