ホームに戻る学会からのお知らせリンクお問い合わせ
 日本赤ちゃん学会未来を育む赤ちゃん研究
日本赤ちゃん学会とは?学術集会国際シンポジウム公開シンポジウム学会誌

 第13回学術集会 特別講演
 「赤ちゃんの中の社会」

 2013年5月25日(土)16:45-18:15
大会長:橋彌和秀(九州大学大学院 人間環境学研究院)

国際会議場

 The Development of Language as a Social Category

Katherine D. Kinzler (シカゴ大学心理学部)

 Beyond the literal information it provides, language conveys social meaning. My research explores the developmental origins of humans' thinking about language as a social category. In this talk I present evidence that beginning remarkably early in life, infants and children attend to a speaker's language and accent, and this attention influences multiple aspects of children's developing social cognition. Infants preferentially take toys from and eat foods modeled by native speakers of their native language. Older infants give toys to native speakers, and language influences children's evaluations of, inferences about, and social learning from others. In several cases, infants' and children's social attention to language surpasses their attention to race. Evidence from studies of children of diverse linguistic backgrounds suggests that children's preference for native speakers is not based exclusively on a preference for speech that is more comprehensible. Moreover, language-based social evaluations do not result exclusively from domain-general preferences for the familiar. Instead, I propose that children's language-based social preferences reflect a specific predisposition to use language as a basis for categorizing the social world. This predisposition may have origins in human cognitive evolution. I conclude with a discussion of whether social reasoning about language constitutes a core domain of knowledge. 

 社会的カテゴリーとしてのことばの発達

Katherine D. Kinzler (シカゴ大学心理学部)

 ことばは、指し示す情報を直接伝えるだけでなく、社会的な意味を伝達します。私はこれまで、社会的カテゴリーとしてのことばに関するヒトの思考の発達的起源について研究をおこなってきました。本講演では、乳幼児が、発達のきわめて早期から、話者のことばやアクセントに注意を向け、その注意が子ども達の社会的認知発達の多側面に影響を与えている証拠を示します。乳児は、自身と言語環境を同じくする話者によって提示された玩具や食べ物を好みます。もう少し年長の乳児は、自身と言語環境を同じくする話者に玩具を手渡します。ことばは、子ども達による他者評価、他者に関する推論、そして他者からの社会学習に影響を与えているのです。いくつかの事例では、乳幼児がことばに向ける社会的注意は、(視覚的な)人種に向ける注意を上回ります。多様な言語環境を背景に持つ子どもについての研究からは、ネイティブ話者への選好は、「単に、より理解しやすい言語への選好にもとづいたもの」というわけではないことが示唆されています。さらに、ことばにもとづいた社会的評価は、慣れ親しんだ刺激に対する領域一般的な選好に由来するわけでもありません。むしろ私は、「子どもが示す、ことばにもとづく社会的選好は、社会的世界をカテゴリー化するベースとしてことばを使用するという傾向を反映したものである」と提案したいと考えています。この傾向は、ヒト認知の進化に由来すると考えられます。以上を踏まえて、ことばに関する社会的推論が、コア知識の一側面とみなしうるかについても議論したいと思います。

<略 歴>
 2003年 エール大学 文学士取得
 2008年 ハーバード大学 Ph.D.取得
 2008年よりシカゴ大学心理学部准助手
 2011年 Association for Psychological Science "Rising Star"受賞

<主要論文>
 ・Kinzler, K.D., Shutts, K., & Spelke, E.S. (2012). Language-based social preferences among multilingual children in South Africa. Language Learning and Development, 8, 215-232.
 ・Kinzler, K.D., & Dautel, J. (2012). Children's essentialist reasoning about language and race. Developmental Science, 15, 131-138.
 ・Kinzler, K.D., & Spelke, E.S. (2011). Do infants show social preferences for people differing in race? Cognition, 119, 1-9.
 ・Kinzler, K.D., Corriveau, K.H., & Harris, P.L (2011). Children's selective trust in native-accented speakers. Developmental Science, 14, 106-111.
 ・Shutts, K., Kinzler, K.D., McKee, C., & Spelke, E.S. (2009). Social information guides infants' selection of foods. Journal of Cognition and Development, 10, 1-17.
 ・Kinzler, K.D., & Shutts, K. (2008). Memory for "mean" over "nice": The influence of threat on children's face memory. Cognition, 107, 775-783.
 ・Kinzler, K.D., Dupoux, E., & Spelke, E.S. (2007). The native language of social cognition. The Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 12577-12580.
 ・Spelke, E.S. & Kinzler, K.D. (2007). Core Knowledge. Developmental Science, 10, 89-96

前のページに戻る このページのトップへ戻る
Copyright(c)2001-2016, Child Research Net and The Japanese Society of Baby Science, All rights reserved.このサイトに掲載する文章、イラスト、画像等の無断転載を禁じます。
チャイルド・リサーチ・ネットのホームページへ
日本赤ちゃん学会サイトは、チャイルド・リサーチ・ネットが運営を応援しています。