ホームに戻る学会からのお知らせリンクお問い合わせ
 日本赤ちゃん学会未来を育む赤ちゃん研究
日本赤ちゃん学会とは?学術集会国際シンポジウム公開シンポジウム学会誌

 シンポジウム2

 3歳児神話を検証する2〜育児の現場から〜

恵泉女学園大学教授 大日向 雅美

<3歳児神話とは>

 3歳児神話とは「3歳までは母親が子育てに専念すべきだ」という考え方だとのご紹介が既にありましたが、内容的には次の三つの要素から成り立っていると私は考えております。

 まず第1の要素は、子どもの成長にとって3歳までが非常に大切だという考え方。第2の要素は、その大切な時期だからこそ、生来的に育児の適性を持った母親が養育に専念しなければならないという考え方。そして第3の要素は、もし母親が働く等の理由で、子どもが3歳まで、あるいは就学前ぐらいまでの時期を育児に専念しないと、子どもはとても寂しい思いをして、将来にわたって成長にゆがみをもたらすという考え方、です。

 さて、心理学の観点から考えると、こうした要素から成る考え方は果たして神話か否かということですが、答えはイエスでもあり、ノーでもあると私は考えております。

 まず、第1点の幼少期の大切さですが、これは否定してはならないと思います。

 しかし、なぜ幼少期が大事かについても同時に考える必要があります。幼少期の課題は愛を知ることです。人から愛されて、他者を信頼する心を育みます。また他者から愛されて、自信を持つことができます。

 そして、それほど大切な愛とはいったいどのようなものかを考えてみると、3歳児神話の第2の要素である「育児の適性は女性が生来的に持っているのだから、母親が育児に専念しなければならない」という考え方には、必ずしも絶対的な根拠はないといえます。

 なぜなら幼少期に注がれるべき愛情は、適切かつ応答的な情報であり、それは母親だけが担えるものとは限らないからです。養育行動を想像していただければおわかりのように、子どもを抱き、笑顔であやし、食事を与えるという養育者の行動は、いずれも触覚、視覚、聴覚、味覚等の情報として子どもにキャッチされています。もっともいくら情報といっても一方的に与えればいいのではなく、子どもの状態に併せて応答的に与えられることが大切ですし、しかも、そこには子どもを愛おしく思い、子どもが育つ力を精一杯支援しようという責任感に裏付けられた温かな思いやりが込められている必要があることは言うまでもありません。

 こうした愛情を注げるように母親も努力することは無論、必要です。しかし、母親以外の人、父親や祖父母、保育者や地域の人々もこうした愛を子どもに注ぐことは可能ですし、現に多くの人々がそうした養育行動を発揮しています。逆に母親であっても、置かれている生活環境が厳しい等の原因があって、苛立ちやストレスを強めてしまう結果、子どもに適切な愛情を注げない事例は少なくありません。

| 1 | 2 | 3 | 4 |



≪関連記事≫

前のページに戻る このページのトップへ戻る
Copyright(c)2001-2016, Child Research Net and The Japanese Society of Baby Science, All rights reserved.このサイトに掲載する文章、イラスト、画像等の無断転載を禁じます。
チャイルド・リサーチ・ネットのホームページへ
日本赤ちゃん学会サイトは、チャイルド・リサーチ・ネットが運営を応援しています。