ホームページに戻る
会員施設一覧に戻る


施設名 福岡市立こども病院・感染症センター(ホームページにリンク)
英文名 Fukuoka Children's Hospital and Medical Center for Infectious Diseases
住所 〒810-0063
福岡市中央区唐人町2丁目5番1号
交通手段 市営地下鉄:唐人町駅下車徒歩5分
バス:唐人町バス停下車徒歩5分
地図はこちらから
TEL 092-713-3111
FAX 092-713-3120

診療科

 一般小児科、循環器科、神経科、発達心理相談、腎疾患科、内分泌代謝科、血液免疫科、小児外科、形成外科、整形外科、心臓血管外科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、新生児科、新生児循環器科、リハビリ科、麻酔科、放射線科、小児感染症科、成人感染症科

受診について

 当病院は、一般医療機関において診断・治療などの対応が困難なお子さん方を中心に診療させていただいております。受診に際しては、必ず医療機関の医師からの添書・紹介状をお持ちください。

病院の特徴

 本院は、兵庫以西では唯一の独立型小児専門医療施設であり、九州・西日本を中心とした広域の小児医療センターとして活躍している。16診療分野を持ち、紹介予約制を原則として各専門医および技術者がチームを組んで診療にあたっている。市立病院ではあるが、外来患者の約42%、入院患者では52%が市外からの来院である。
 循環器の分野では心臓外科・循環器科の共同作業のもとに、全国屈指の好成績を挙げ、年間手術件数400例以上、心臓カテーテル法600例以上、心エコー7000件余りで、75%が市外からの来院である。そのほか、新生児、神経、内分泌、腎疾患、放射線などの小児内科系、外科、整形、泌尿器、眼科、耳鼻科、形成の外科系、それを支える麻酔科も福岡・九州一円のセンター的役割を果たしている。加えて、一般の小児医療機関では入院が困難な感染症用病床を併設して、各種感染症、新興・再興感染症に対応している。
 産科併設による総合周産期母子医療センター設立がまたれる。


Copyright(c)1997-2005,日本小児総合医療施設協議会,All rights reserved.