ホームに戻る学会からのお知らせリンクお問い合わせ
 日本赤ちゃん学会未来を育む赤ちゃん研究
日本赤ちゃん学会とは?学術集会国際シンポジウム公開シンポジウム学会誌

 音声知覚の発達:「人の声」から「ことば」へ

林 安紀子 (東京学芸大学 特殊教育研究施設)

 講演のタイトルを“「人の声」から「ことば」へ”としましたが、私が興味を持っているのは、非常に早期の段階の「ことば」です。文法や意味といったルール的なものが表面に出てくる前の赤ちゃんが、私たちの音声、つまり人がことばの媒体としている音声をどのように知覚しながらそれを記号として使うことができるようになるのかに非常に興味があります。

赤ちゃんの音声知覚発達 <図1>
 最初は人の声から始まると考えています。人の声というのは、考えてみますと物理的には時間的に連続した音響信号ですし、それは話し手や発話の状況によって常に大きく変動しているものです。ところが、それをことばとして言語として使う場合には、その連続的な非常に変動の大きい音響信号を、例えば音韻、単語、文、句など分節化された構造を持ったものに、常に一貫してどんな状況でも聞き取れ、知覚できることが大前提になります。その上で、そこから音韻や意味、文法などを、それぞれルールを築いて理解し、それらを使いながら他者とコミュニケーションし、自分の意図を伝達していくところに、人の声がことばとして発達し、使えるようになっていく道筋があると思っています。
 連続的な音声が分節化された構造を持つものとして感じ取れるようになるためには、赤ちゃんのどのような発達が基礎になっていくのでしょうか。いろいろなものが関わっているでしょう。もちろん中枢系の成熟がありますが、単にそれだけなのでしょうか。
 知覚や認知の発達、そして先ほど述べましたコミュニケーションからことばが出発するならば、対人的、社会的な環境の要因も非常に大きいでしょう。赤ちゃんはいろいろな環境の中からどのようなものに自分から目を向けて、その中のどのような情報を選び取り、最終的にいろいろなルールを獲得していくのだろうかと考えました。

ひとの声への注目 <図2>
 最初にお話しますのは、赤ちゃんの人の声への注目についてです。先行研究によりますと、生まれた時、つまり新生児期に一番赤ちゃんがアンテナを向けるのは自分のお母さんの声です。これは個人性の特定になります。誰の声か、それはお母さんの声である、というそのお母さんの声が一番であることが確かめられています。おそらくお腹の中でお母さんの声を聞きながら育っているので、胎児期の聴覚経験の影響が既にこの時期に顕れて、それが赤ちゃんのアンテナとなって、外界からの刺激を選び取ることをしていると思います。
 それと同時に、赤ちゃんは、抑揚が豊かであったり繰り返しがあったりピッチが高かったりなどの特徴を持つ対乳児音声に対しても、やはりアンテナをさっと向けることがわかっています。例えば生後1ヶ月までの赤ちゃんは、母親の音声と母親ではない人による対乳児音声のどちらを選ぶかといわれれば、母親の声が一番です。ところが生後4ヶ月くらいになると、他の人の声であっても自分のお母さんの声であっても、対乳児音声である韻律的な特徴を持つ音声に対して非常に反応が良くなります。さらに対乳児音声である韻律的な特徴が際立った音声に対する反応は、正高先生が研究されたように、聴覚障害を持つ親から生まれた赤ちゃん、おそらく胎児期に親の声を聞く経験が少なかったと思われる赤ちゃんについても、このような対乳児音声的な特徴を持つものに興味を示すことから、環境や経験の影響にはあまり左右されない特性であることも分かっています。

このページのトップへ戻る

HPP法 <図3>、日本人乳児の対乳児音声への指向性の発達変化 <図4>
 赤ちゃんのアンテナがどこを向いているのかを調べるために、HPP法を使っています。これは実験ブースの図です。基本的には2種類の音を使います。2種類の音を光のランプと共に赤ちゃんに提示して、そのランプを赤ちゃんが見ている間はその音は流れ、ランプを見なくなると音は止まります。この方法により、どのタイプの音が出ていたときにより長くランプを見ていたのかという時間を計測することができます。赤ちゃんが2種類の音を聞いたときに、例えばその違いが分かっているのか、どのような音声の特徴により注意を向けるのかを調べています。実験では、お母さんが赤ちゃんを抱っこして、実験ブース中央の椅子に座ります。お母さん自身にはその音が聞こえないようにヘッドホンをしていただきます。

対乳児音声(ID)と対成人音声(AD) <図5>
 音声は二つ用意されています。あるお母さんが自分の赤ちゃんに向かって喋る声つまり対乳児音声(ID)と、大人である私に向かって喋る声つまり対成人音声(AD)です。
 

〜会場に2つの音声サンプルが流れる〜
 この2種類の音声を実験ブースの中で赤ちゃん24人に聞かせた結果をお話します。
 既に生後4ヶ月くらいで、明らかに赤ちゃんに向けた音声の方を好む傾向が見られます。さらに興味深いことは、7〜9ヶ月くらいでその傾向が逆転します。平均すると差が無くなってしまうのですが。一人一人時期は異なるのですが、大人同士が喋るのを聞く時期があって、その後また赤ちゃんに向けた音声を聞く時期が出てくるという発達的な変化が見られます。この意味についてはまた後で考えることとします。

対乳児音声の韻律的特徴への反応 〜高周波成分をカットした音声(LD音声)〜
 それでは、この違いを赤ちゃんが感じている手がかりは何なのでしょうか。音に高周波成分をカットする加工を施すとモゴモゴした音声になります。意味はわからないけれど、イントネーション、韻律的な情報だけは残っている音です。このような音を赤ちゃんに聞かせたところ、8〜9ヶ月の赤ちゃんは、モゴモゴした音になると、明らかに赤ちゃんに向けて語りかける韻律的な情報に対して注意を向けます。もちろん12ヶ月以上の赤ちゃんの場合もそうです。興味深いことに、赤ちゃんに向けて語りかける音声を好んでいた4、5ヶ月の赤ちゃんが、音声をモゴモゴした音に変えると、逆転して、大人同士で喋っている声のほうに注意を向ける子が多くなることが分かりました。
 いったいどういうことなのでしょう? これまでに、このような報告を聞いたことがありませんでしたので、私自身もこれをどのように解釈をしようかと考えているところです。モゴモゴした音というのは、胎内で聞いていたときの環境の音にもしかしたら似ているのかもしれないと考えています。4ヶ月くらいの赤ちゃんが胎内にいたときの記憶をまだ少し持っているとすれば、その頃の環境で聞いた声は日常生活の中で母親が大人同士で喋っている声と考え、ある音の環境に置かれたときに大人同士で喋っている音声の方が赤ちゃんにとってより馴染みがあり、そちらにシフトをして注意を向けるということがあるのかもしれないと考えました。

体内音に対する反応
 志村先生(埼玉大学)にご相談しましたら、先生がお持ちの貴重な音、それは胃の中にマイクを入れて先生がお喋りになった音声で、子宮の中の環境とは大分違うものではありますが、腹壁を通した音をお借りして、実験を行いました。

〜会場に音声サンプルが流れる〜
 4、5ヶ月の赤ちゃんだけが反応が異なり、胎内のモゴモゴした音の方により注意を向けたという結果が出ました。7、8ヶ月の赤ちゃんの場合にはあまり差がありませんでした。

 どちらかというと赤ちゃんに向けた語りかけの調子ではなく、朗読調の口調ですので、そういうものに対して、特に月齢の小さい赤ちゃんは、ある特定の環境におかれるとふっと今までとは違う音の特性に興味をスイッチすることが見られるのではないかと考えています。

 次に、赤ちゃんがどのようなタイプのことばかけ、それも単語のリズムに対して注意を向けやすいのかについて調べた研究をご紹介します。


このページのトップへ戻る

日本語の育児後のリズム構造の特徴 <図6>
 日本語における育児語、例えばネンネ、クック、ブーブなどは大変よく用いられていますが、そのような語のリズムは非常に特徴的です。真ん中に特殊拍を含むタイプのリズムがかなりのパーセンテージを占めています。このような語りかけが赤ちゃんに対して多いと考えたときに、このようなリズムに対して赤ちゃんはどのような反応をするのだろうかを調べました。

実験1、実験2、実験3 <図7>
 3種類の実験を行いました。(1)真ん中に特殊拍が入っているような育児語のタイプと特殊拍が含まれないタイプの組み合わせ、(2)特殊拍が含まれる位置が違う組み合わせ、すなわち語中に含まれるタイプと、語尾に含まれるタイプ、(3)2音節だけれど、特殊拍を語中に含む3モーラタイプと、特殊泊を含まない2モーラタイプの組み合わせ、です。

4〜5ヶ月児の結果 <図8>
 4〜5ヶ月児の結果です。どの組み合わせに対しても差はありませんでした。

6〜8ヶ月児の結果 <図9>
 しかし6〜8ヶ月児になると、それぞれの組み合わせに対して、真ん中に特殊拍がはいる育児語のタイプの無意味語に対して反応が良くなることが分かりました。

撥音を語中に含む3モーラ無意味語への反応
 さらに、「ネンネ」タイプ、「クック」タイプ、「ブーブ」タイプ、と特殊拍のタイプの違いによって、より興味を引きやすい音、初期から現れる音があるのだろうかと調査したところ、「ネンネ」タイプだとわかってきました。4〜5ヶ月児でも「ネンネ」タイプにはちゃんと反応しますが、「クック」タイプや「ブーブ」タイプなどと一緒にしてしまうと反応がでません。いろいろな言葉かけの中でも、赤ちゃんが興味を引きやすいものが発達に伴って変わってくる可能性もあるのではないかと思っています。この点についても、これから更に詳しく追いかけていきたいと考えています。

 もう一つ別の実験をご紹介します。
 日本語には音の並び方が頻度高く出てくるものとそうでないものがあります。2つの音の並びが日本語の中にいっぱい出てきやすい音の並びと、殆ど出てこないような音の並び、そのリストを赤ちゃんに聞かせる実験です。

日本語における連続モーラ出現頻度に対する乳児の反応 <図10>
 4〜5ヶ月児、8〜9ヶ月児では差がなかったのですが、生後11ヶ月を過ぎると、この様な音の並び方について、日本語の中で頻度が高いものに対して反応が出てくることがわかりました。

赤ちゃん・・・ <図11>
 環境としての音声刺激を、赤ちゃんは自動的にただ知覚しているという存在ではなく、環境の中から特定の情報に選択的な注意を向けて能動的に取り込みながら、そのコミュニケーションの道具としての音声言語を赤ちゃんは獲得していくと考えています。
 このような考えをサポートするようなデータが多く集まればいいなと思っています。以上です。



前のページに戻る このページのトップへ戻る
Copyright(c)2001-2016, Child Research Net and The Japanese Society of Baby Science, All rights reserved.このサイトに掲載する文章、イラスト、画像等の無断転載を禁じます。
チャイルド・リサーチ・ネットのホームページへ
日本赤ちゃん学会サイトは、チャイルド・リサーチ・ネットが運営を応援しています。