ホームに戻る学会からのお知らせリンクお問い合わせ
 日本赤ちゃん学会未来を育む赤ちゃん研究
日本赤ちゃん学会とは?学術集会国際シンポジウム公開シンポジウム学会誌

 テレビ・テレビゲームが子どもの発達に及ぼす影響

坂元 章 (お茶の水女子大学 大学院人間文化研究科助教授)

 私は、もともと社会心理学を専攻しており、メディアの影響問題について研究してきました。今日は、社会心理学や心理学などの影響研究の動向について紹介します。

概要 <図1>
 まず、この分野の研究動向についてのレビューをします。特に関心をお持ちの方が多いと思われる暴力の問題。そして、社会的不適応、認知能力、視力、体力の問題があります。これらは抄録に掲載されている文章と少し順番が違っていますのでご注意ください。
 これらの研究は、せいぜい幼児、多くのものは児童期以降になされています。ここは「赤ちゃん学会」ですので、特に乳幼児を対象にした研究の重要性について最後に触れたいと思います。

暴力 <図2>
 テレビやテレビゲームにおける暴力シーンが、暴力的な人格を形成するのではないかという問題が心配されています。暴力シーンが子どもに暴力を学習させている、と考えられ、大変問題視されています。例えば、暴力が良いことである、と学習させるということがあります。ヒーローが出てきて怪獣を倒して、「よかったなあ」「やったー」とたいていは思います。このように暴力が賞賛される価値観を学習させてしまうのではないかという問題です。また、問題解決の手段として暴力が有効なものであると学習させてしまう、あるいは暴力の手口を学習させてしまう、などが考えられています。
 この問題について、特にテレビについて、アメリカでは大変膨大な研究がなされています。先のDonnerstein先生の招待講演は、それらの研究に基づくものでありましたが、全体的にいえば、悪影響という問題について肯定する立場にあるといえます。しかしながら、その悪影響につきましては、条件がいろいろあり、その条件によって影響は変動するともいわれています。例えば、暴力をふるう人物が魅力的である場合、ふるわれた暴力が賞賛されたり罰せられたりせずに正当化される場合など、その影響力が強くなるといわれています。また、もともと暴力性の強い人に対してのほうが影響は強い、周囲の人が暴力は良くないと介入をすることによって影響を低くすることができるといわれています。国際比較研究などから、子どものテレビ視聴に親が介入することは、日本は先進国の中で非常に低いレベルにあるといわれていますし、その影響も心配されますので、研究が必要になってくるでしょう。いずれにしても日本ではこの分野の研究が少なく、確たることがいえない状況にあります。
 テレビゲームについてです。テレビと比較しますと、テレビゲームの研究は少なかったと思います。特に少し以前までは、悪影響を支持する結果がそれほど出ていないこともあり、あまり悪影響に肯定的ではなかったように私は認識をしていました。ところが最近は研究が随分増えてきて、悪影響を検出するような結果が出てきています。最近の研究者の考え方は、悪影響をかなり支持する方向にあると私は認識しています。特に、従来からの研究を統計的に処理して分析すると、最近の研究では影響が強く出ているという結果も出ています。最近のテレビゲームは、立体映像技術などが向上していますので、現実味が増しています。つまり、ゲームの中で展開されている世界と外側の世界が類似してきたために、テレビゲームの中で学習された暴力というものが、もっと外にでやすくなってきているのではないかという可能性が指摘されています。

このページのトップへ戻る

社会的不適応 <図3>
 テレビやテレビゲームに没頭していると、対面での現実的な生身の人間関係を持たないようになるのではないか、そうなると生身の人間関係の中で育成されるべき対人的なスキル・技能が学べないのではないかと心配されています。さらに、テレビゲームの中に登場するキャラクターは容易にコントロールできる存在であるため、いろいろ面倒くさい現実の人間と付き合う意欲も失われてくるのではないか、実際の人間関係に向かって行こうということがなくなり、引きこもりなどの社会的不適応の状況がもたらされるのではないかと心配されているのだと思います。
 しかし、私の理解では、このようなことを支持する結果を示す研究は目にしません。むしろ、もともと社会的不適応の傾向のある人が、そのようなメディアに接触するようになると思っています。一つには、人間関係の円滑化がメディアの効用として考えられます。例えば、テレビ番組について、友達との話題になったり、テレビゲームのソフトの貸し借りをしたり、テレビゲームが上手にできることで尊敬されて相手から寄ってくることが現実にあります。このようなことから考えますと、悪影響があるともいえないのではないかと考えています。むしろ、この社会的不適応の問題はインターネットで心配されます。インターネットの問題については、中毒のような状態になってかなり深刻な事態に陥る人達もいると指摘されています。特に最近は、オンラインゲームというインターネットを利用したゲームが随分出てきています。インターネットとゲームをめぐって新しい局面が出てくることは考えられると思っています。

知的能力 <図4>
 認知能力なり知的能力は、映像メディアに接触していると、従来の文字メディアの場合と異なった、メディア特性の違いが人間の知的能力なり認知能力に影響を与えるのではないかと考えられています。さらに、電子メディアに接触していることによって、勉強や読書などの活動時間が疎外され、その結果、知的能力に悪影響が出るのではないかという懸念が出されています。
 これまでの研究結果を拝見しますと、例えば、視覚的能力については、特にテレビゲームなどですが、能力を高めるという研究結果が随分見られるように思います。また、学力や知能、特に言語的知能や想像性については、コンテンツが娯楽的か教育的かで違いがあります。教育的な番組・教育的なテレビゲームが知的活動にプラスであることを示す研究は随分あります。また一方で、単に娯楽的であったり、ただダラダラとテレビを見たりゲームをすることは悪影響を及ぼすという研究結果も見られることがあります。
 また、知的能力に関連しまして、「ゲーム脳」という話が最近は注目されています。つまり、ゲームをしていると、脳の前頭前野の活動が低下し、その状況が続くと前頭前野が活動しない人間になってしまうといわれ、センセーションを巻き起こしています。『ゲーム脳の恐怖』という本が2002年7月に出され、それが引きがねになった話です。本の内容については、私は脳科学には門外漢ですが、その方法論などについて様々な問題点が指摘され、議論がなされています。ただ、ゲームをしているときに前頭前野が活動しないということ自体は、1990年くらいから度々研究結果としては出てきていますので、そういうことは在りえることだと認識しています。しかしながら、そのような状況が続くことによって、本当に発達に影響するのかどうか、すなわち前頭前野が活動しない、つまり前頭前野がになう高度な情報処理ができない子どもが育っていくのかについては、まだ研究が行われていない部分だと思っています。

このページのトップへ戻る

視力 <図5>
 私の専門は心理学ですので、自信を持ってお話をできる分野でもありませんし、時間に限りもありますので簡単に触れます。視力についても、テレビゲームの悪影響が心配されています。眼精疲労や視力の低下が、テレビゲームやテレビに長時間接していると起きてくるということです。古くからVDT障害という分野があり、研究も行われていますが、その専門家の方々の話や論文などを拝見する限りでは、悪影響だということにかなり肯定的であると認識しています。

体力 <図6>
 テレビやテレビゲームなどに接していると、当然外遊びをせずに室内で遊ぶことになります。その結果、外遊びをしないので運動不足になり、運動不足になれば体力が低下することが心配されています。実際、最近は子どもの体力低下が見られるデータがありますが、私の理解ですと、メディアとの関係の実証という点では乏しいのではないかと思っています。この手の話は、最近は子どもの体力が低下していることと、その時期にメディアが普及してきていることから、メディアが原因ではないかと議論されているように見えます。実際には、もっと因果関係がはっきり出るような研究が行われないとわからないのですが、そのような研究はあまり目にしません。確かにゲームをすれば室内遊びになる、外遊びが少なくなると運動不足になって体力が落ちるということは、それぞれはもっともなことですから、もっともらしいこととして捉えられるのだろうと思います。

最後に乳幼児研究の重要性 <図7>
 乳幼児に関する研究は相対的に少なく、不足しています。それが最近、乳幼児についても長時間のメディア接触が生じてきている状況があります。しかも、乳幼児からメディアに接触していると、ずっとその後もメディアに接触していくことを考えると、かつてなかったような長期間に渡ってメディアに接触する人達に対して、どのような影響があるのかは重要な問題といえます。影響を捉えるためには、やはり乳幼児から見ていかなければならないことになってくると思います。乳幼児、小さな子どもについては影響が強いかもしれない、そういう可能性も考えられます。
 テレビと暴力の関係についての研究のメタ分析のなかに、メディア接触と暴力性との関係の効果が幼児期で強く見られたという研究結果もあります。この結果についてはまだ検討の余地があるかと思っていますが、そのような可能性はあるのですから、やはり研究は重要であり、乳幼児期のデータが蓄積される必要があると考えています。
 また、乳幼児の問題が、それより年長者の結果からどれだけ一般化できるのかという問題があります。一般化できない部分も随分あるでしょう。先ほど、社会的不適応の問題のところで、あまりエビデンスがないのではないかと申しましたが、あくまで、より年長の方で問題になるのは友達との関係のようなことで、そちらについては心配がなくても、乳幼児の場合は遮断される人間関係というのが親との関係となりますので、それは異質のものであるかもしれません。ですから、乳幼児の問題は乳幼児の問題として研究が進められなければならないと認識をしています。
 これまでメディア研究は、私が専攻している社会心理学の分野で多く行われてきましたが、社会心理学は乳幼児を研究する方法はもっていません。この学会には発達研究者の先生方が大勢いらっしゃるでしょうから、ぜひこの分野について研究を進めていただきたいと期待しています。



前のページに戻る このページのトップへ戻る
Copyright(c)2001-2016, Child Research Net and The Japanese Society of Baby Science, All rights reserved.このサイトに掲載する文章、イラスト、画像等の無断転載を禁じます。
チャイルド・リサーチ・ネットのホームページへ
日本赤ちゃん学会サイトは、チャイルド・リサーチ・ネットが運営を応援しています。